トップページ お問合せ・資料請求 プライバシーポリシー
HOME > よくある質問 > 肉や魚を食べなくてもタンパク質は十分に摂れる?

肉や魚を食べなくてもタンパク質は十分に摂れる?

タンパク質の評価は、必須アミノ酸の量とバランスで決まります。必須アミノ酸はロイシン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、メチオニン、スレオニン、バリンの8種類。これらは体内で合成できず、食物から摂取する必要があります。
タンパク質の栄養価を示すアミノ酸スコアでは、肉や魚をはじめ、ほとんどの動物性タンパク質(貝類と甲殻類をのぞく)が、8種類の必須アミノ酸を持ちアミノ酸スコアは100となります。
一方、植物性食品のアミノ酸スコアは、「畑の肉」といわれる大豆で86、精白米65、小麦粉は44となっています。
理想的な必須アミノ酸組成と比べ、大豆は含硫アミノ酸のメチオニン、精白米はリジンが足りないのです。
必須アミノ酸の量が少なかったり、バランスが悪いとタンパク質は最も低いレベルのアミノ酸に規定されます。その点からも植物性タンパク質ばかりでなく、肉や魚の動物性タンパク質の摂取が必要なのです。

科学技術庁
「改定日本食品アミノ酸組成表」より



Back